簡単にできる風速計の設置のポイント

飛行場や山頂、塔など風がどのくらい吹いているのか知る必要がある場所に基本風速計は設置されています。風速計を置く場所に選ぶには、近くにある高い建物などの高さの10倍以上の距離を置いたところへ設置します。または、屋上などの建物の高い居場所へ設置するのもいいと思います。屋上へ設置する場合は、建物の真ん中に設置するのが基本です。このような設置するタイプの風速計とハンディタイプの風速計があります。ハンディタイプの風速計場合は、風の強さを測りたいところへ持っていき、計測部分を風に当てると風の強さを測ることが出来る簡単なものが多いです。設置するタイプの風速計には種類があります。風杯型、風車型、超音波型などです。このように様々な種類がありますが、設置場所の条件として平らな開けたところというのは共通しています。

風速計の設置する場所と向きと注意点

個人や、企業で風速計を設置するということは、風の強さを知りたい目的があると思います。その目的に応じた適切な設置場所を見つけて設置しておくのがいいと思います。目的に応じた設置場所へ風速計を設置できていなければ、せっかく設置して、観測していても何の役にも立たなくなってしまうからです。地上気象観測法では、平らな開けた場所のほかに、独立の塔または支柱を建て地上10mの高さに設置することが標準とあります。ということは、支柱を建てられる環境が必要になります。人の土地へ勝手に支柱を建てることはできませんので、その場合は、きちんと許可を取ってから行っていきます。次に、どのように設置するかが大事になってきます。風速計の中には、風向計が一緒になったものもあります。その場合、風速計の向きを北か南に合わせ手で固定します。

風速計を正しく設置するにはコツがあります

風速計を設置するのに、適した場所を見つけるのは難しいように思いますが、条件は基本的に単純です。日陰などにならない、平らで開けた場所です。ただし、近くに建物や樹木がある場合や、屋上に設置する際に 詳しい条件が必要となってきます。まず樹木など周りに高いものがある場合には、支柱を建てる場所と支柱の高さに気を付けなければなりません。場所は、その高さのもののたかさの10倍以上距離をとる必要があります。近くに高さのあるもののところへ風速計を 設置する場合はそれだけ広い場所が必要となってきます。支柱の高さは10m以上のものが必要です。屋上などの場所であれば、その建物の真ん中に風速計を設置します。設置する風速計にも、風杯型、風車型、超音波型など種類がありますが、設置条件は同じです。

土壌水分計は土中に含まれる水分の量を計測する機器で、農業や園芸でも利用されています。 風速計は災害の軽減や安全運航の基準などの目的で利用されています。 主に気象観測装置(温度センサー、風向風速計、日射計、太陽光発電計測システム)の製造、販売を行っています。 計測器の製品のご紹介は、単品・セットにてご紹介しています。 風速計の購入はフィールドプロ