ここだけチェック風速計の設置方法

風がどれくらいの風力で、どちらから吹いてくるのかを調べるための装置として、風速計があります。天気予報に比べると馴染みが薄いかもしれませんが、台風が近づいているような状況下や、天候に左右されるような生産を担っている業者、屋外で行う建設業務や屋外でのイベントなどといった、風や天候が大きく左右されるシチュエーションの時には風速計の設置が役立ちます。そういった場合、風速を正確に測るためにも塔や山頂などの高い場所や、毎回決まった定点である測候所、飛行場といった交通機関での風の影響を考える必要がある場所などに主に設置をされています。また、もっと気軽に風速を図ることができる設置方法としては、携帯できるハンディータイプの風速計もありますので、必要な場面に応じて使い分けましょう。

屋外での風速計の設置では耐久性を考える

また風速計には種類があります。羽で風を受けてその風の力で羽を回すことで、風の速さを測定できるプロペラ式のもの、ワイヤーに一定の電圧によっての発熱をさせて、それを風が冷却することで発熱したものが均等になる時の温度測定をすることで吹く風の力を算出する熱線式のもの、デジタルを利用してネットワークでの利用に特化したものなどがありますので、それぞれに応じたシチュエーションで選ぶことが大切です。風を測るためには、どうしても屋外での使用になりますので、携帯用ではなく同じ場所に設置するタイプの風速計は、耐久性の面でも優れた物である必要があります。屋外の下で長期間測り続けるわけですから、本体に付随しているケーブルなども、屋外で長く利用できるような耐候性のある屋外用のケーブルである必要があります。

風速計は測る目的と場所に合わせて選びましょう

風速計が主に飛行場や山頂、塔などに設置されているのは、風の影響を受けやすく観測データが得やすい場所だからです。そして手に持つハンディータイプの風速計は、観測時間が短い場合や、変則的な場所で測るために、建設業務やイベントなどで活用されることが多いです。多くの種類が各メーカーから販売されていますので、測る目的に合わせて選び、それぞれに応じた設置場所を考えて利用することが重要です。そうすることで必要適切なデータを把握することができて、尚且つそれを活用して役立てることにも繋がるでしょう。いろいろな種類の中から、ご自分にとって最適な計測器を選ぶためにも、まずは利用する目的と場所を明確にしてから選ぶことが大切です。各メーカーの風速計を比較検討しながら、目的に合う種類を探してみましょう。