誰でもできる風速計設置のポイントとコツ

風速計とはその名前の通り、風速を測るために設置する機器のことで、種類も豊富で手軽に買うことのできる金額の商品も増えてきました。風速計の構造自体は種類ごとに異なりますが、基本的には風が吹くことによって風速計の回転体が回転します。その回転をするために必要となる発電機などの電気信号が風速を数値化します。それにより具体的な測定値を確認することができる仕組みです。風速と合わせて風向きも計測することができる風向風速計は利便性が高く、地方自治体をはじめ、農業や漁業、運送業といった天候が大きな影響を与える事業者、手軽な物では一般家庭でも活用されています。そんな風速計を有効に活用するためには、設置環境に適した機器選んで正しく設置することが重要なポイントです。そこで風速計の設置に関する様々な情報をご紹介します。

風速計の設置場所と設置の際の注意点

まずは設置場所ですが、より正確な測定値を得るためには障害物のない開けた場所が適しています。ビルなど高さのある建物では、屋上の中で最も高さのある場所を選ぶと良いでしょう。設置面からは5メートル以上離れている方が望ましいとされています。発信機を吸水タンクの上などある程度高さのある場所に設置ができる場合は、接地面から3メートルほど離れていれば計測が可能です。機器の設置は風速計を支えるための支柱などを用いて、床や地面から必要な高さを確保して設置をします。個人でも作業は可能ですが、設置には高さをある程度確保しなければならないため安全に留意する必要があります。風速計を取り扱う専門業者は販売から設置まで行なってくれるところもあるので、そうしたサービスを利用しても良いでしょう。また風速計に使用するケーブルは長期間屋外にさらされることになるので、雨風に強い屋外用の耐候ケーブルを使用します。

風速計の設置方法と設置に関するポイント

支柱となるパイプを用意して取り付ける場合、端子ボックスを開けて端子台にケーブルを繋ぎ、方位記憶リングを取り付けた状態で風速計の土台部分をパイプに差し込みます。方位記憶リングは修繕などで風速計を取り外した際、再度設置した時に方位のずれが生じるのを防ぐために取り付ける物です。固定用のねじを締めたら、方位記憶リングを一緒に動かしながら、方位磁石で北の方位を合わせます。この方位を正確に合わせることはとても重要で、方位がずれていると計測される風向にもずれが生じてしまいます。方位を合わせる作業は2人1組で行ない、1人は設置する風向計と同じ高さに登り、もう1人は方位磁石で真北の方位を確認します。真北の方位が確認できたら風速計の位置を固定します。電柱や敷地内にあるポールなどに取り付ける場合は、後付できる取り付け専用金具も販売されているので、設置場所に合わせて使用するようにしましょう。